スクランぶらぶら

バイクの話題と運営者の訪れた場所を紹介するブログです。

God is in the details

平和モーターサイクルのグラストラッカー004はまさに『神は細部に宿る』を体現したようなバイクでした。

一見、シングルなのに2本出しマフラーに目がいきます。
近づいて上から覗くと、マフラーがリアサスを逃げる様にえぐれていました。
綺麗に処理したところでのぞき込まないと見えないようなところまで丁寧に作りこまれているのです。
エキパイは輪切りパイプを溶接して製作され、狭いスペースを這わせています。
溶接跡をしっかりと見せることでこのバイクが手間暇をかけて造られたカスタムバイクであることを主張しています。

車体右側、シート下にはオイルタンクに見えるワンオフのサブタンクが装着されていていました。
見た目にも良いアクセントとなっていますがかなり実用的。豪華な装備です。

リアサスペンション本体は社外品に交換され、さらにサスペンションのマウント位置を動かし、オフロード走行を十分楽しめるように作られています。

このグラストラッカー スクランブラーカスタムは必要のないものをそぎ落とされ、細部の見えない場所にもしっかり手間をかけて造り上げられていました。

トラクションコントロールやヒーターなどといった最新装備や快適さを追求した装備は、このバイクには一切ついていません。
ですがこのバイクを目の前にすると、自分たちがはるか昔、バイクに夢中になった理由のすべてが詰め込まれていると思えてくるのです。

平和モーターサイクルが製作するグラストラッカーベースのスクランブラーはこの004だけではありません。
たくさんのスクランブラーが平和モーターサイクル様のインスタグラムで定期的に投稿されています。
気になる方はぜひチェックしてみてください。

Instagram : https://www.instagram.com/heiwamc/

HEIWA Grasstracker 004
Base : SUZUKI Grasstracker (TU250)
Auther : Kengo Kimura
Web : https://www.heiwa-mc.jp/

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2023 スクランぶらぶら

テーマの著者 Anders Norén